×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パワーブランドと消費者心理

GUCCIやシャネル、
カルティエといったパワーブランドと
消費者の購買心理について、
少し考えてみましょう。

ブランドというのは本当に不思議な力があって、
そのブランドを所有するということで
「憧れのあの人も使っている」一流への仲間意識、
「そのブランドを所有している」自己のステータスといった、
消費者に優越感を提供する力を持っています。

その優越感の対価として消費者は通常の何倍ものお金を
払うわけです。

ただ、ここで注意が必要なのは、
多くの消費者は新商品の品質やデザインがいいから
購入しているのではないということです。
※一部はありますが、それが全てではないです。

多くの消費者は、その新商品が例えばGUCCIという
パワーブランドの中にあるから購入するわけです。


そう考えますと、
今までは40代以上の男性をターゲットとしていたブランドが
20代男性向けに新商品を開発し、プロモーションをしたい!
と考えた際に、「ターゲットも違うから既存の顧客は関係ない!」
とはならないのです。

年齢層も商品のデザインも全く違っても、
同じブランドで売る以上は、
既存の顧客のことを知ることはとても大切です。

既存の顧客はそのブランドのどこに魅力を感じているのか?
換言すると「自社のブランドの強みはどこか?」を知り、
新しいターゲット、商品にも展開していく。

パワーブランドは水平展開がとても大切になるのです。


メール、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。

HOME