×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インタビュー

 インタビューをしたことがあるでしょうか?
 自社のお客様に対して直にお会いして、
 お話を伺うというのがその目的です。

 主なやり方としては、
 1-1:グループインタビュー
 1-2:デプスインタビュー
 1-3:インタビュー(ヒアリング)


 といったものがあります。
 簡単に説明しておきますと、

 1-1:グループインタビュー
    一度に2人以上のお客様を「集めて」
    議題に対して意見を伺う。
    1人のお客様の意見からさらに話が
    発展していきとても有益な意見を収集
    することが出きる。
    ファシリテーターの技量が問われる。

 1-2:デプスインタビュー
    1人のお客様に対し、何度かに分けて
    お話をお伺いする。何度か話をするうちに
    お客様と打ち解け、より深いところまで
    お話をお伺いすることが出きる。
    時間と労力がかかる。

 1-3:インタビュー(ヒアリング)
    一般的なインタビュー。30分から1時間程度
    でざっくばらんにお話をお伺いする。
    
 といった所です。
 用途やコスト(時間・金)に応じて使い分けましょう。

 インタビューは「生もの」ですから、
 いざ、お客様と対峙して、話してみないと
 話がどう発展していくかわかりません。

 だからといって、インタビューが得意な人しか
 出来ないかというとそうでもありません。
 現に僕はインタビューはあまり得意な方ではないですが、
 それなりにこなすことが出きるようになりました。

 インタビューを成功させるポイントは、
 「事前の準備をしっかりとしておく」
 ことに他なりません。

 ◆インタビューチェックリスト◆
 インタビュー前にチェックして見ましょう!



  □インタビューをする被験者の情報はわかっていますか?
  □聞きたいことをまとめていますか?
  □そのお客様からどんな声が聞けたらいいと思いますか?
  □謝礼は用意しましたか?(企業の場合一般的には1万円前後です。)




メール、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。

HOME